プログラミング

【評判】テックジムの無料講座を受けてみた感想。非エンジニアにおすすめしたい。

techgym

テックジムを検討しているけれど、どんなカリキュラムなのだろう?

テックジムはどんな人にあっているのだろう?

具体的な料金、コースの種類、評判を知りたい。

こんな質問に答えていきます。

テックジムの基本情報

コースと向いている人

向いている人
Python基礎コース 初学者
Ruby on Railsコース クラウドソーシングで案件を受けたい人
AIエンジニア養成コース 現役エンジニア
GASコース スプレッドシートを使用したルーティンをを自動化したい人

料金

  • 通学:22,000円(税込)
  • 通信(オンライン):5,500円(税込)

テックジムで培うスキル・マインド

  • 自己解決能力
  • 適切な質問能力
  • 難しいことへの挑戦が億劫にならないマインド
  • 自己肯定感

テックジムの無料オンライン講座【GAS】を受けてみた

テックジムは無料のオンライン講座を開いておりまして、テックジムの無料講座をconnpassで見つけたので実際に受けてみました。

私が受けたのはGAS(Google App Script)の講座になります。

私はマーケティングを本業としているのですが、コードを書くことの必要性を感じておりまして、GASに興味を持ちました。

良くスプレッドシートを使用するのですが、単純作業が多くなんとか効率化できないかと考えた結果、GASを学習しようと思いました。

さくっと業務改善GAS講座「メルマガスタンドを作ろう」の進め方

無料講座ではGASでメルマガ配信システムを作成しました。

googleドキュメントとgoogleスプレッドシートを連携させ、ドキュメントの文章の中にそれぞれスプレッドシートに格納されているデータを反映させる作業でした。

内容についてはメールマガジンを手動で送る作業を自動化する作業になります。

※実際の題材については公開してはいけないと言われているので避けます。

4つの課題があり、それぞれの課題で10分ほど時間をとり、後から答え合わせをするという進め方でした。

さくっと業務改善GAS講座「メルマガスタンドを作ろう」の感想

進むごとにコードの書く量も増え、2次元配列や条for文の条件付き繰り返し処理、自身で関数を定義するなど難易度が決して低くない内容のコードも書く必要がありました。。。

イメージとしては無料講座で初学者卒業レベルのコードを書いている印象です。

1時間半コードをびっしり書いていたので、無料講座だけでも受ける価値があったと思います。

無料講座のコードは各自のものになるので、アレンジすれば営業メールの対応をgasで使えそうな印象はありました。

テックジムのプログラミングの考え方・向き合い方

今回のテックジムのスクール説明で印象に残った説明を紹介します。

「作りたいものを作る」という教育は正しくない場合がある

プログラミング教育において「作りたいものを作る」というのは正しくない場合があるという考えを持っております。

初学者がプログラミングを学ぶ理由はなんでもよく、作りたいものがないのが当たり前だということをしっかり理解し、カリキュラムと教育方針に刻んでいる印象を受けました。

そのためカリキュラムにしっかりコードを書く必要のある課題を用意しております。

無料講座でもまあまあな量のjavascriptコードを書きました、、

コードを書いていくうちに「コードを書くことによって可能になること」がわかるようになってくるので、そこから自分がしたい処理を書くことが可能になるという考えのもと進めます。したがって

「作りたいものがあってコードを書いているんじゃないの?」とかいう現役エンジニアに良くいるマウントを取る人がいないので初学者にとって安心です。

コードを書く時間は自分で作る

プログラミング初学者によくあることで時間がなく学習が進まないという相談を受けているそうですが、プログラミングを学習する際には時間を削る必要があることを説明していました。

これはプログラミングだけではなく共通して言えることだと思っておりして、初学者は注意する必要があります。

半年後の目標を立てることが大事

2年後、3年後にこうなりたいだと期間が長すぎるので、1年間何もせずに過ごしてしまう可能性が高いそうです。それに対して1ヶ月後にこうなってたいという目標を立てる。正しくなくても構わないので自分なりに立てて学習を進めることが大事だということです。

下方修正でもOK!

したい処理を日本語で書いてからコードに書き換える

書いたコードがうまく動かないのであれば、どんな処理をしているのかコメントアウトをして隈なく探していくことが大事だとおっしゃっておりました。

これは処理の内容が小さければ小さいほど良く、作業を理解するためにも大事だとおっしゃておりました。

自分で調べる癖をつける

カリキュラムやわからないエラーが出てきた場合、ベタ打ちで良いので自身で調べることがスキルのアップに繋がります

コードは神経衰弱のつもりで書く【写経はしない】

神経衰弱のように答えを見る。

「なるほど」と理解し、再び答えを隠す。

再びつまづいたら答えをみる。

この繰り返しの重要さを説明しています。

写経、コピペをしてしまうと何も考えずにコードを書いていることになるので単純作業になってしまい、身につかないそうです。

わからないところは勇気を持って飛ばす

わからないところでずっと考えてしまうと技術が向上しないので、飛ばすことが大事だということを主張しておりました。

別で勉強したときに再びでてくるのでその都度考えたり、人に聞いたりして理解を深めるのが大事だそうです。

個人的に感じたテックジムの良いところ

代表が現役のエンジニアである

エンジニアの技術の流行は早く、今は最新と言われている技術も1年後になると古いものと捉えられがちだと言われています。

代表がエンジニアであるということは技術の流行に合わせてカリキュラムもどんどん新しいものに変えてくれるというメリットがあります。

プログラミングスクールの中には1年間カリキュラムを変更しないスクールもあるので、代表が現役のエンジニアで技術をキャッチアップしているかどうかは見極めるポイントになりなす。

代表がエンジニアのスクールはこちら※後日記事にします

月額費の安さ

東京校は入会金が33,000円かかるとのことですが、基本は月額22,000円でOKです。

他のプログラミングスクールは20万〜60万円が相場であるかつ買い切り型なので、高価であると言えます。

その一方テックジムは月額制なので、仮に半年間学んで自走力がついたところで退会をしても12万円で済みます。

プログラミングをいかに定着させるかの言語化に力を入れている

テックジムは「初学者がプログラミングをいかに定着させるか」の言語化にかなり力を入れているスクールだと思いました。

説明会の資料もそうですし、日頃からテックジムの教材や無料講座をYouTubeで発信しているので初学者に寄り添いつつ、堅実にスキルを伸ばせる環境作りに力を注いでいるという認識を受けました。

「頑張らない」がモットー

他プログラミングスクールのような厳しい環境だと、目標設定が高すぎて挫折してしまう人が大半でした。

しかしテックジムは周りに聞ける人がいるかつ、目標設定も各自で決めて良いのでどんな目的でも、どんな人でも、どんなレベルからでも気軽に始めることができます。

他スクールよりも圧倒的に安い【月額2万円】

テックジムは他スクールと比べ買い切り型ではありません。プログラミングを学ぶのに30万を払うというギャンブルをしなくて済みます。

テックジムに向いている人

就職活動中の学生

エンジニアになりたいというアピールになりますし、今後コードを書く必要性は少なからず発生してくると思うので若いうちに経験を積むと良いと思います。

営業職・事務職など非エンジニアの方【一番おすすめ】

営業職や事務職の業務内容には単純な作業が多く発生しがちです。

そこでルーティン作業をプログラミングで自動化することによって、会社をやめることなく自身の経歴、スキルに付加価値をつけることができる可能性が格段に上がります。

非エンジニアでコードが書けるとそれだけで社内において重宝されますので業務の効率化とキャリアに付加価値をつける2点で一石二鳥です。

今回私が受けたGASの無料講座だけでも実務に活かせる部分が沢山あったので、興味のある方は実際に無料講座を受けることをおすすめします。

手軽にコードを書いてみたい方

GASはphpやrubyなど他のプログラミング言語とは違い、面倒な環境設定をしなくて良いのが便利です。

他言語ですとコードを書く前に環境構築で挫折してしまう方が9割を超えると言われています。

SNS周りのサービスだったりbotなどとGASは相性がとても良いのでツールなどの作成にも向いています。

まずは資料請求をしてから無料講座に申し込む形でも良いと思います。

名前、メールアドレス、住所、聞きたいことを書くだけなのですぐ終わります。

下記リンクから可能です。

\【無料】1分で資料請求/

テックジムに向いていない人

いません

筆者はリスクをとって高額なプログラミングスクールに通いましたが、転職できませんでした。

したがって高額なプログラミングスクールにリスクをとって通うよりも、月額2万を払って半年コツコツ学習した方が力もつきますし何より心理的にも安全だと思いました。

テックジムの退会方法

連絡フォームで「退会」を選べばOK

ただ、退会を選ぶと再入会の時に入会金33,000円がかかりますので注意してください。休会を選びますと 月々1,100円かかりますが、休会費を払っている間はいつでも入会金無料で再入会ができます。

休会会員は、毎月10日に決済手続きが完了しまして26日に引き落としされます。

「退会」か「休会(1,100円/月)」かをお選びください。

退会をしても、会員用のslackには残ることができるようです。会員同士のもくもく会などできそうですね。

参考:テックジムご連絡フォーム

まとめ

テックジムはプログラミングの良いところだけではなく悪いところも説明してくれるスクールだと思いました。

今回受けたのはGASのカリキュラムなので個人的には営業職・事務職など非エンジニアの方におすすめかと思います。

資料請求はこちら